人気ブログランキング |


高尾山から槍ヶ岳へ。そしてその先へと進む、ちょっと頼りない男の登山記録です。


by funk_r0w

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

登山年表

- 使用機材 -
EOS-5D Mark Ⅱ
EF16-35mm F2.8L II USM
EF24-70mm F2.8L USM
EF70-200mm F4L IS USM

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

感謝
at 2013-06-18 23:12
2013GW直前
at 2013-04-25 23:35
和名・鬱金香(うこんこう、う..
at 2013-04-07 16:46
北杜・日向山
at 2013-03-30 23:26
千鳥ヶ淵 浜離宮恩賜庭園
at 2013-03-23 21:42
渡良瀬遊水地 ヨシ焼き
at 2013-03-17 22:16
木曽駒ケ岳
at 2013-03-09 18:45
北八・北横岳
at 2013-03-02 20:43
春か・・・
at 2013-02-24 22:25
浅間外輪山・黒斑山 敗退
at 2013-02-16 22:07

カテゴリ

全体

北アルプス
南アルプス
中央アルプス
八ヶ岳
富士登山
関東の山
上信越の山
渡良瀬遊水地
花火
渓谷
さくら
ほたる

動物園
水族館
昭和記念公園
神奈川
東京
千葉
山梨
関西
町田 鎌倉街道
昆虫

建物
山道具
未分類

以前の記事

2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
登山

箱根~仙石原


f0171065_2145361.jpg
AM5:45の仙石原です。
あいにく天気予報は大ハズレ。。。orz

金曜日の22:30に友人と待ち合わせ、レンタカーを借りて箱根へ。

当初の予定は01:00に仙石原に到着。
オリオン座流星群を含む星空の写真を撮って、仮眠。
明け方に仙石原の朝焼けを見て、大涌谷に。
その後、また仮眠を取って夕焼けは乙女峠から富士山と御殿場の夜景と決めていたのだが。

今回は予定の半分も達成できていませんw

f0171065_21555382.jpg

f0171065_21573536.jpg
f0171065_21581896.jpg

光を浴びてないとなんとも微妙なススキ。
明け方だけは真っ白な高原で幻想的だったけど、曇っててもそれなりに光が射してくるとさらに微妙な感じになります。
だから今回は強めのレタッチで遊んでみたわけです。
(画像の一枚一枚の色味が違うのはご了承でw)

f0171065_2232995.jpg

蜘蛛の色もススキ色。

f0171065_224441.jpg

朝露のススキです。
晴れると信じていたので、持ち出しレンズにマクロを入れなかったことを激しく後悔。

f0171065_22192975.jpg
f0171065_22194926.jpg

f0171065_22211624.jpg

近くの植物園から臨時バスも出てるけど、箱根は公共機関で回るには自由が利かなくて不便ぽいですね。
いちおう仙石原の近くに無料臨時駐車場がありますけど、開くのは09:00からです。
犬の散歩に来ていた地元の人の話では明け方は雲海が出ることもあってオススメらしいです。
明け方に来る場合は必然的に路上駐車になるわけですが、もちろんそれをオススメするわけではありません。

そしてこれも地元の人の話し。
ススキの中の遊歩道をずっと登っていくと行き止まりになるのだけど、実はまだ先に進むことができて、大涌谷から強羅に抜けることができるそうです。
ただ亜硫酸ガスには気をつけてね!と笑ってました。

f0171065_22345863.jpg

金色に輝くススキ。
今年中にまた見ることができるかな?

見てーよ。金色に輝くススキを。

_
by funk_r0w | 2009-10-25 22:38 | 神奈川