人気ブログランキング |


高尾山から槍ヶ岳へ。そしてその先へと進む、ちょっと頼りない男の登山記録です。


by funk_r0w

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

登山年表

- 使用機材 -
EOS-5D Mark Ⅱ
EF16-35mm F2.8L II USM
EF24-70mm F2.8L USM
EF70-200mm F4L IS USM

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

感謝
at 2013-06-18 23:12
2013GW直前
at 2013-04-25 23:35
和名・鬱金香(うこんこう、う..
at 2013-04-07 16:46
北杜・日向山
at 2013-03-30 23:26
千鳥ヶ淵 浜離宮恩賜庭園
at 2013-03-23 21:42
渡良瀬遊水地 ヨシ焼き
at 2013-03-17 22:16
木曽駒ケ岳
at 2013-03-09 18:45
北八・北横岳
at 2013-03-02 20:43
春か・・・
at 2013-02-24 22:25
浅間外輪山・黒斑山 敗退
at 2013-02-16 22:07

カテゴリ

全体

北アルプス
南アルプス
中央アルプス
八ヶ岳
富士登山
関東の山
上信越の山
渡良瀬遊水地
花火
渓谷
さくら
ほたる

動物園
水族館
昭和記念公園
神奈川
東京
千葉
山梨
関西
町田 鎌倉街道
昆虫

建物
山道具
未分類

以前の記事

2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
登山

<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

町田@ウシガエル

f0171065_23462213.jpg
時系列天気予報だと午前9時頃まで雨の予報が出ていたのだけど、6時頃に起きて外の様子を見ると、雨はほぼ上がっていた。

それでも準備をして、原付バイクに乗って町田の薬師池公園まで行ってみた。

昨年はこの公園ではなぜかほとんど咲かなかった花ショウブだけど今年は満開だった。

雨はこのまま降りそうにもなかったし、他に「なにか」もなかったし、帰ろうかと思ったオレの前に現れたのは、

f0171065_2355958.jpg
ウシガエル。

巨大。

まったく動かなかったから三脚、ライブビューで目にジャスピンw

f0171065_093641.jpg


_
by funk_r0w | 2010-06-23 00:13 | 町田 鎌倉街道

テッペンへの道のり

f0171065_22442744.jpg


ニッポンのテッペン、

自分の目で見てみたいわけです。

f0171065_2352122.jpg


今年の夏。

もしかしたら単独登頂?


(あーあ、宣言しちゃった・・・w)
by funk_r0w | 2010-06-15 23:35 |

梅雨の過ごし方

f0171065_2201594.jpg
まだ紫陽花は開花前だったけど、久々にサンニッパを持ち出してみた。

f0171065_2291851.jpg
被写体から2.5メートル以上離れないとピントが合わないんです。
爆速オートフォーカスを必要とする機会がまったくなくなって、大きさと重さで持ち出す機会がほとんどなくなったけど、やっぱり使ってみるといいレンズです。

というわけで、今年の梅雨こそ雨の写真だ!と、サンニッパ用のレインジャケットを購入w

幸い自分自身の防水対策も最近の登山ブームで100パーセント以上に完璧だったりします。

準備は万端。後は雨だ!!

というものの、昨年も標準レンズ用のレインジャケットを購入していたのだけど、週末に雨が降らずで終わったような気がしますが。

f0171065_22344560.jpg
紫陽花って昨年の残骸が当たり前のようにたくさん残ってるんですね。

f0171065_2240684.jpg
先週の八ヶ岳から1週間。
筋肉痛に泣かされた1週間。
週末は昭和記念公園だけ行ってあとはノンビリ過ごした。

久々にDVDなんて借りてきた。

「剱岳 点の記」

山マップを大切にしようと思う内容です。

あと、剱岳に登ってみたくなる内容ですw

f0171065_2393830.jpg
日曜日からジョギングを再開。
次の山行は7月の海の日くらいになりそうです。

f0171065_23121476.jpg
今年の梅雨。
雨が降っても、思いのほか晴れたとしても、とりあえずどっちでもいい対策で週末を待つとします。

_
by funk_r0w | 2010-06-13 23:18 | 昭和記念公園

南八・赤岳 2日目-後編-

f0171065_21262328.jpg
なんだかんだと赤岳展望荘まで登ってきました。
ここで朝ごはん。カレーです。

f0171065_2128035.jpg

f0171065_2134562.jpg
この日に登って本当に良かった。。。

f0171065_21395028.jpg
というわけで、赤岳頂上を目指します。

f0171065_2141457.jpg
頂上付近から展望荘を振り返ります。

そして標高2899メートルの頂上に立ったわけです。

f0171065_2151548.jpg
北。
f0171065_21492571.jpg
中央。
f0171065_21495457.jpg
南。
f0171065_21535816.jpg
北八ヶ岳、浅間山。

ものすごい展望。

この日は八ヶ岳の開山祭。
12時から式典が行われるらしく狭い頂上スペースにも人が増えてきた。

そして明日は仕事であるw

本当は阿弥陀岳を越えて下山する予定だったけど、阿弥陀岳のほうでも式典をするようだったし、なんせもう疲れた。

最短で下山することにした。

これまた急斜面の文三郎道を選択。カメラをザックに入れて慎重に下りていきます。

f0171065_22017.jpg
難関を越えたところで見えた中岳から阿弥陀岳の登り。

こうして再び行者小屋に到着。そこでしばらく休んで一気に美濃戸口まで行き、今回の赤岳登山は終了。


翌日。
日曜日の10時間に及ぶ歩行で朝起きたら筋肉痛が始まっていた。
この筋肉痛。火曜日がピークで、あまりの傷みに鎮痛剤を服用。
木曜日になってだいぶ治まってきて、さっそく次への山行を考え始めたわけですw

_
by funk_r0w | 2010-06-10 22:18 | 八ヶ岳

南八・赤岳 2日目-前編-

f0171065_2224170.jpg
隊長持参のテントです。
オレは寝袋とマットを買ってお邪魔させてもらいましたw

f0171065_2227383.jpg
軽く朝ご飯を食べて、テントを片付けて、4時40分出発です。
気温は霜が降りるくらい。心地いい寒さです。

f0171065_22372425.jpg
地蔵尾根を登っていきます。
しばらく登って振り返ると北アルプス方面の展望が広がってました。

しかし、おーーーっ!と興奮していられたのはここまで。

f0171065_22442851.jpg
傾斜がきつくなってきた。

f0171065_224557.jpg
ハシゴも出てきたし。

f0171065_22453586.jpg
まだまだ雪が残ってるし。

稜線付近はものすごい高感度です。

でも「落ち着いて登れば大丈夫」という情報通り、意識が薄れそうになりながらもなんとかなったわけですが。
なんとなくですがちゃんと記憶がありませんw

f0171065_22584686.jpg
行者小屋から稜線までのコースタイムは1時間20分。
写真以外にも鎖場や岩場の連続なんだけど、ゆっくり休める場所がない。
ここで禁煙40日目の効果がてき面に出てきたわけです。

明らかにカラダが軽いんです♪

f0171065_2311198.jpg
稜線も、赤岳展望荘も赤岳山頂も見えてきました。

稜線間近?

ここで先に進んでいた隊長が振り返って話しかけてきた。

「この先に(オレが)大好きなものがあるけど、大きな声出さないでね」と。

あとちょっとと思っていたらまだまだだった、というのは登山を始めてよくあることだと知ったわけだけど、今回もそれで、まだ先に残雪や梯子があるのかと思ってげんなりして足を進めると、

f0171065_23193635.jpg
わお。

赤岳の向こう側。山梨は曇。
ずっと雲海が見たいと言ってはいたけど、なかなかそんな機会もなく、これが初めて見た雲海。

f0171065_23271862.jpg
富士山も雲海に浮かんでました。
最高過ぎるw

f0171065_2333972.jpg
そして稜線を赤岳山頂目指して進みます。

(続く)
by funk_r0w | 2010-06-08 23:44 | 八ヶ岳

南八・赤岳 1日目

f0171065_1949511.jpg

茅野からバスに乗って、美濃戸口からのコースです。
美濃戸口から歩いて1時間のところに美濃戸があってそこまでは車で入れるみたいです。
だから出発したオレらの横を砂利で砂埃を巻き上げながら車が追い越していきます。
そんななか助手席から「乗ってく?」とオバ様に声を掛けられたけど、「大丈夫でーす」と断りました。

だって、登山だもんw

と、どういう流れで八ヶ岳の主峰・赤岳なんて本格登山までするようになったのか不明だけど、高いとこが苦手なオレが行った赤岳をレポします。
しかも今回はテント泊です。

f0171065_20115885.jpg

美濃戸を過ぎると登山道になります。
標高約1700メートル。

南沢を歩いてテント幕営地の行者小屋を目指します。
コースタイムは2時間。

f0171065_2018651.jpg

ネズミ?
昔、実家のネズミ捕りに捕まっていたネズミとは少し違います。

f0171065_2022323.jpg

この辺りはちょうど新緑の季節なんだと思います。

f0171065_2024774.jpg

f0171065_20291678.jpg

前回の鳳凰三山の1日目のコースタイムが6時間半だったこともあって、今回の3時間は余裕♪

熊除けに「もののけ姫」を独唱ですw

ただこの余裕が2日目にがっつり皺を寄せてきたわけですが。

f0171065_20305539.jpg

樹木林の間から見えた八ヶ岳連峰の一部。
この距離でこの高度?
今回登る山は八ヶ岳の一番高いところだから、この山がなにかはわからないけれど、これ以下ってことはありえないわけです。

あれ?

ということほとんど直角に登るんじゃないの?

f0171065_20415131.jpg

そんな不安もこうして大木が折れて倒れてたりすると興奮して忘れてしまいます。

f0171065_2043184.jpg

八ヶ岳の全貌が見えてきた。
ここから10分。行者小屋に到着したわけです。

f0171065_20464750.jpg
赤岳。

f0171065_20471347.jpg
大同心・小同心。

テントを張って(手伝い)、早めの晩御飯(鍋)。

f0171065_20575772.jpg

ガスが出てきたし、他になんにもやることがなくて、19時就寝。

f0171065_215641.jpg

AM3時起床。

満天の星空でした。

(続く)
by funk_r0w | 2010-06-07 21:09 | 八ヶ岳

赤岳山頂なう。だったけど。

f0171065_2184115.jpg

ソフトバンクの電波の入りは悪すぎじゃないですか?w

週末、登って、下りてきました。

思いのほか時間がかかって19時半頃帰宅。

さっきとにかく臭くなった足をミューズで洗ったとこですw

今回はネタ満載。ぼちぼち更新していきます。

_
by funk_r0w | 2010-06-06 21:20 |

カメラストラップ

f0171065_22462712.jpg

最近よく目にするお洒落なアウトドア雑誌を立ち読みしていて見つけた、目からウロコなカメラストラップ。

純正の「CANON!!」って書いたストラップはあまり好きじゃないのでずっとクランプラーのストラップを使っているのだけど、山でカメラを首からぶら下げていると、急登や鎖場でカメラが振り回されて岩に激突だなんてスリリングなことも何度か。
実際に標準ズームのフードは傷まみれだったりするわけです。

そんな悩みを解決してくれそうな期待大のストラップ。



つまりカラダにフィットさせておくことが可能ってわけですね。

水曜日に宅配便で届いて触った感じは首のフィット感が最悪で「安っぽい!w」ですけど、長さを自在に変えるんだから仕方ないのかと。

実戦でどれだけ使えるかですかね。

ただオレのカメラ(5D2)と標準ズーム(24-70)だと重量が約2キロ。
動画のように軽快にとはとてもとてもいかないですけど。

「ダイアナグル」で検索どうぞ。

_
by funk_r0w | 2010-06-03 23:25