人気ブログランキング |


高尾山から槍ヶ岳へ。そしてその先へと進む、ちょっと頼りない男の登山記録です。


by funk_r0w

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

登山年表

- 使用機材 -
EOS-5D Mark Ⅱ
EF16-35mm F2.8L II USM
EF24-70mm F2.8L USM
EF70-200mm F4L IS USM

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

感謝
at 2013-06-18 23:12
2013GW直前
at 2013-04-25 23:35
和名・鬱金香(うこんこう、う..
at 2013-04-07 16:46
北杜・日向山
at 2013-03-30 23:26
千鳥ヶ淵 浜離宮恩賜庭園
at 2013-03-23 21:42
渡良瀬遊水地 ヨシ焼き
at 2013-03-17 22:16
木曽駒ケ岳
at 2013-03-09 18:45
北八・北横岳
at 2013-03-02 20:43
春か・・・
at 2013-02-24 22:25
浅間外輪山・黒斑山 敗退
at 2013-02-16 22:07

カテゴリ

全体

北アルプス
南アルプス
中央アルプス
八ヶ岳
富士登山
関東の山
上信越の山
渡良瀬遊水地
花火
渓谷
さくら
ほたる

動物園
水族館
昭和記念公園
神奈川
東京
千葉
山梨
関西
町田 鎌倉街道
昆虫

建物
山道具
未分類

以前の記事

2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
登山

<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

鴨川シーワールド

f0171065_23165920.jpg
大迫力です。

f0171065_2317240.jpg
犯人はこれ。

f0171065_2317146.jpg
セイウチです。

f0171065_2317482.jpg
サービス精神旺盛なのか、なんも考えてないのか、その真意はわかりませんが、何度も何度も目の前に来てくれました。

f0171065_2317692.jpg
シャチが飛びます。

初めての鴨川シーワルド。

まさかの関東梅雨入り。半端ない雨に1年ぶりの水族館行きを決める。

車あるし♪ というわけで、アクララインから千葉横断。

f0171065_23171032.jpg
f0171065_23171450.jpg
電車じゃ遠すぎますから。

開館9時到着。
入場ゲートに一番近い駐車場をゲット。

f0171065_23312492.jpg
すぐ横は大荒れの太平洋。

こんな天気と、震災の影響もあってか、館内ガラガラ。

f0171065_231783.jpg
イルカとかめちゃくちゃ寄ってくるけど、他に観客はなし。
今までの江ノ島水族館が悪夢のよう。

f0171065_23171274.jpg
大物の生き物が多くて、小物な魚は少なかったような。

でも、

人が少ない。

これだけで十分楽しめました。

_
by funk_r0w | 2011-05-31 23:42 | 水族館

奥秩父・金峰山

f0171065_18231896.jpg
金峰山・五丈石(ごじょういわ)

5月21日土曜快晴。

f0171065_18102037.jpg
AM7:00 みずがき山荘より登山開始です。

今回のコースは日帰り登り4時間10分。下りが3時間の長丁場。
だから出発前にすき家でがっつり朝ごはん。行動食もたくさん持ってエネルギー切れに注意したのと、正しいリュックの背負い方を実行。

登山口には朝からたくさんの登山者。
1時間進んだ富士見平小屋までは瑞牆山とコースが同じなので賑やかに登れます。
しかし瑞牆山のほうが人気があるようで、そこから先はちょっと寂しい登山道。というわけで今回の登山から熊鈴の登場です。

f0171065_18102675.jpg
2時間ほどで大日岩に。
上の岩場まで登っていきます。

f0171065_18102264.jpg
ここからの南アルプスの展望。

f0171065_18102997.jpg
休憩ポイントにもなっていて、荷物を置いて大日岩に。
ここで隊長と遊んでいると知らないおじさんに「上にあがるよ!」と岩の上のほうに誘われる。
「手をつけば大丈夫!」というアドバイスが霞むくらいの高感度。

f0171065_18103358.jpg
大人4人が立てるくらいの場所から広がる視界にはこの猿のような顔をした岩と、

f0171065_18103150.jpg
瑞牆山と八ヶ岳。
おじさんに声をかけられなかったら間違いなく通過していたポイントでした。

f0171065_18103586.jpg
ここから稜線に出るまでの登山道は急勾配もあるけど、平坦な森の道も続きます。

f0171065_18103649.jpg
砂払いノ頭。
ここから森林限界を突破して稜線歩きです。
ちなみに山梨側は切り立った崖。軽く目眩。

f0171065_18103916.jpg
奥のピークが金峰山山頂。

f0171065_18105161.jpg
来た道を振り返ります。
ちょっと暑かったけど天気は最高。
岩場がけっこうあって四苦八苦だったけど、風がないってだけで本当に楽しいです。

f0171065_18104642.jpg
そして山頂。

f0171065_18104839.jpg
大日岩よりすこし高い場所から見た瑞牆山と八ヶ岳。

f0171065_181042100.jpg
五丈石に登る人。

下山完了は17時前。

今回の登山で岩場の通過が苦手ということがあらためて露呈。
克服するためにも蓼科山へ挑戦ですかね?
いまでも小学5年の登山がトラウマに残ってますけど。

ちなみにこの金峰山。
6月になれば東側の大弛峠から距離3.6km標高差240m片道2時間で行けるようです。

_
by funk_r0w | 2011-05-22 21:51 | 関東の山

三浦・岩礁の道

f0171065_20353815.jpg
城ヶ島から見えていた風車。

初めてその下まで行きました。

f0171065_20354012.jpg
海岸沿いはちゃんとハイキングコースとして整備されているみたいです。

f0171065_20354223.jpg
コンバースじゃちょっと足元が頼りない感じだったけど、いい気分転換になりました。


というわけで週末がやってきた。

今週は、週後半から職場の同僚の風邪にビクビクしながら過ごすはめに。

世の中、意外と、

「オレの風邪うつしちゃった?笑」

的な発言をする人がまだまだいることに驚く今日この頃。

明日は山梨と長野の県境にある金峰山に登ります。

オレの週末。みんなの週末。

風邪をひいたら、まわりに感染させない配慮をお願いします!!

なんて偉そうなこと、リアルじゃ言えないから心の叫びをつぶやいときますw

行ってきまーす。

_
by funk_r0w | 2011-05-20 21:07 | 神奈川

地元・宮ヶ瀬湖

f0171065_21482147.jpg
存在は知っていたけど初めて行きました。

天気も良くて、丹沢の山々を眺めながらの快適ドライブ。

丹沢最高峰の蛭ケ岳を見ながら丹沢主脈縦走なんて楽しそう♪なんて思ってみたり思わなかったり。

だいたい「主脈縦走」なんて言葉をいつのまに覚えたのでしょうか?w


映画「岳」見ました。

ポップコーンを食べる手が止まる内容です。

「山♪」と浮かれてばかりじゃダメですよ。基本に忠実に。安全に。

_
by funk_r0w | 2011-05-12 22:28 | 神奈川

藤@あしかがフラワーパーク

f0171065_21303790.jpg
あしかがフラワーパークの宣伝文句でもある「世界が息を呑んだ美しさ」と言う藤を見に行きました。
といっても渡良瀬遊水地の後に寄ったのですが。

朝7時開園で、7時15分には現地に着くも、駐車場は大混雑。

チケット売り場も大行列。

これは期待できるのか!?と払った入場料は1700円!!(息を呑む)

f0171065_21303515.jpg
朝8時。場内はまだ早朝とは思えない人、人、人。

で、ここの藤を見て息を呑んだのか?と言われれば、そうでも・・・なかった・・・かな?w

手入れは完璧にされていて、たくさんの藤が咲いていて、とちおとめソフトクリームを食って・・・でも1時間ほどで飽きる、そんな印象でした。

f0171065_21303317.jpg
渡良瀬遊水地にあったまったく手入れのされてなかった藤。

こういうアウトローな感じのほうがオレは好き。

_
by funk_r0w | 2011-05-09 21:59

渡良瀬遊水地

f0171065_20291548.jpg
今年2度目の渡良瀬遊水地。

自宅からだと東名から首都高を抜けて東北道の館林までとけっこう遠いイメージですが、走ってみると意外と近いんです。

f0171065_20291727.jpg
f0171065_20292032.jpg
4県に跨ぐほどにだだっ広い渡良瀬遊水地。
写真を撮るポイントもたくさんあって、今回は車でずっと中のほうに進入してみました。

f0171065_20292324.jpg

f0171065_20292167.jpg
今回も靄はいい感じで出てました。でも上空にはけっこう雲が出ていて日差しは弱く、ちょっと残念。

f0171065_20292739.jpg

f0171065_20292576.jpg
日が出て少しの間だけが幻想的な写真を撮れる時間。
だからなかなか移動ができず、被写体がマンネリ化してしまいますね。

f0171065_20292912.jpg
写真を撮るにはここは本当にいい場所ですね。

f0171065_20293110.jpg


_
by funk_r0w | 2011-05-05 20:59 | 渡良瀬遊水地

北ア・燕岳

4月30日午前7時30分に安曇野の中房温泉登山口を出発。
翌日5月1日の午後1時に下山するまでの間に撮った写真は42枚。

f0171065_22182169.jpg
そのなかでも燕岳(方面)を撮った貴重な1枚。

もうずっと雨。ずっとガスの中。

そしてちょっと問題だったのが暴風と雷。

下山開始後、風を遮るものがなにもない尾根での風速30メートル。しかも雨と高めの気温で雪は腐って踏み抜くこと何度も。
幸いだったのが何でもカタチから入るタイプの性格でちゃんとピッケルまで用意していたこと。
ただ耐風姿勢から行動に移った時に吹かれた突風で体が半回転した時はもう泣きました。もしあと半回転していたら・・・

初めて行った北アルプスに今回は嫌われちゃったみたいだけど、いい勉強になりました。

これで懲りるか・・・? といったらそうでもないみたい。

北アルプス3大急登を往復した太ももの筋肉はパンパンに腫れ上がってるけど、ここの絶景がどうしても見たいから必ずリベンジします。

f0171065_22483567.jpg


_
by funk_r0w | 2011-05-02 22:55 | 北アルプス